がんを生きる

こちらのページでは、「がんを生きる」患者さんのためのメッセージを掲載しております。

当院では、自然退縮した方や、がんと何年も共存されている方がいらっしゃいます。

その様ながんサバイバーの方と接し、何が違うのか、どこにポイントがあるのか、治療家として様々なインタビューを重ねていく中から、特に重要であると感じているポイントをご紹介しています。

当院では、そのような経験を十分に治療に生かし、患者さんへと還元をしています。


「岩田美絵からガンサバイバーの方へ」

当院にて自然退縮された方もいらっしゃいますが、あくまでもご本人の体全体の細胞を整え、治癒力と還元力をもった体をつくる事を目指しています。

癌のまわりの細胞が整うと、癌細胞自身は退縮を始めます。これを同期現象といいます。

治療では、同期現象を起こすための「場作り」をします。

また、当院には西洋医学重視の方も、自然療法重視の方もいらっしゃいますが、どちらかに偏り過ぎるのは、精神においても肉体においてもバランスを崩しがちです。

所謂三大療法だけでは、体力が落ちてQOLが下がる事も多いのです。もちろん自然療法を取り入れた方が良いと思います。

逆に、緊急事態で最低限の医療が必要な場合でも、頑なに西洋医学を拒否し、無駄に苦痛を我慢してしまうケースもありますので、当院で治療を受けながら、必要に応じてご本人の希望に合わせた治療選択をご一緒に見直していく事も出来ます。


「信じて揺るがない精神」

治療を迷っている患者さんへ

西洋医学でも他の自然療法でも、治療の方向性を信じきれない、決心しきれない患者さんというのは多いものです。

しかしながら、がんサバイバーの方々は早期から「自分自身の身体を信じ、揺るがない決断と、大いなる楽観的思考、そして圧倒的な行動力」で治癒へ向かって行くものです。

ですから、迷っている患者さんにはいつもこの言葉を伝えます。

「考えた末の最善と信じる決断」

これは私の言葉ではなく、インターネット上で拝見した言葉です。良い言葉だなと思いました。

もし迷っている方がいたら、今一度、自分の直感を信じて原点に立ち返るのも一つの方法だと思います。


「西洋医学だけでもダメ」

なぜ自然療法や代替療法も複合的に加えた方が良いのでしょうか。

癌もふくめた現代病の殆どは、複合的な原因が複雑に絡み合ってます。ですから、一つの手段だけではなく、多角的に行う方が良いのです。

いくつかの違う視点を持った方が良いという事です。

病院で抗がん剤治療中だからと、自然療法をやらなくて良い、もしくはやらない方が良いって事ではありません。

手術して取り除いたからといって、それでお終いというわけではありません。

貴方の身体の中には何年もずっと、「深い傷を負った」という場が残るわけですから。

深い傷とは、手術も抗がん剤も放射線治療も全て同じです。

闇雲にあれもこれもやるのも違いますが、もし一つで良いと思っている方がいたら、それは少し行動範囲を広げて欲しいと思います。

食事療法だけ

呼吸法だけ

リラックスだけ

瞑想だけ

サプリメントだけ

というのも、ちょっと違うようですよ。


「がんとお金」

がんを生きるためには、お金の問題は大変重要となります。

現在、日本においてがんと診断されますと、経済的な問題にぶつかる人が多いことを殆どの人が知りません。例えそれが保険診療内の治療であったとしてもです。

実際、例えば抗がん剤治療となりますと、殆どの人が高い高額の抗がん剤治療が始まります。高額医療費制度を活用したとしても、月に6~8万円程度の自己負担金がかかりますが、それに加えて月に数日は仕事を休む必要が出来てきます。

抗がん剤をはじめる頃には、その前の入院で有給休暇を使い果たしている人も多く、結局は欠勤扱いとなり給与に響き、加えて月に8万の医療費が出て行くのです。

これが、保険診療内での治療です。

皆さんは実際に会社員だとして、その現実にびっくりされることでしょう。

今まだ60歳代以上の方であればまだ良いのですが、問題はそれ以下の若い世代のがん患者さんです。退院後に直ぐに仕事に復帰出来ればよいのですが、例えば役職を降りた、正規雇用ではなくなった、パートタイムになった、中には解雇されたという人もいます。

だからこそ、目先のお金を節約することではなく、「長期に亘った豊かさ」という目でがん治療を考えて頂きたいのです。月に1万円を節約するよりも、その1万円で正しい医療の知識を得るためのセミナーに行く、良い食材を買う、自然療法を取り入れる、といった自分のメンテナンスにお金をかけて行くことで、豊かに人生を歩めるのではないでしょうか。

もう、ただ長生きするだけの人生は終わりです。

単純に「がんが無くなれば良い」という考えの医療にも限界が来ています。

ますます健康年齢と平均寿命の差がひらく日本において、何が一番賢いのか。一緒に考えていきましょう。

当院では、がん患者さん本人だけではなく、看護されるご家族に対しても、時にアドバイスを差し上げる事があります。お金という大事な問題を、一緒に考えていきましょう。


「患者力を磨く」

アスピリンを服用するとガン死亡率が下がるとか、糖尿病薬を服用すると抗ガン作用があるとか、そのような情報に、私たちはすぐに飛びついてしまいがちです。

既に出来てしまったものを何とか薬で無かったことにしようという研究は行われますが、「根本的にガンにならないためには?」という分野の研究が全く表に出てこないのはどうしてなのでしょうか?

大切なのは、患者さんそれぞれが「自分が明日も元気でいるために、本質的に何をしなければならないのか?」と思考することであって、がんサバイバーの多くの人達が、そこに時間とお金を費やします。

大事なのは「癌細胞が無くなる」ことよりも、「充実した人生を送ることが出来る」方が大事なのではないですか?

そのためには、言われるがままにサインをし、言われるがままに治療を受けるという「思考が停止した患者」であってはならないのです。

これからの時代は、「患者力」を磨く必要があります。